結婚指輪の選び方のステップと購入前知りたい豆知識をご紹介

一生に一度の大事なお買い物。それが結婚指輪。一生使うものだから、大切な人と納得して選びたいですよね。「どうやって決めればいいのかわからない」や「悩まずにスムーズに選びたい」と考えている人も多いはず。

この記事では大事な結婚指輪を選ぶために知っておきたい豆知識とステップ、結婚指輪におすすめデザインについて解説します。

 

結婚指輪を購入する前に知っておきたい豆知識

男性にとっても女性にとっても憧れの結婚指輪。そもそもなぜ結婚指輪をつけるのか知っていますか?結婚指輪について詳しく知ると、指輪選びがもっと楽しくなるはず。結婚指輪の歴史と左手につける理由をご紹介します。

 

結婚指輪はいつからあるの?

結婚指輪の歴史は古代ローマ時代まで遡るといわれています。古代ローマ時代の紀元前3世紀ごろ、誓いの証として鉄製の輪をつける風習があったそうです。それが2世紀ごろには男女の誓いを表す指輪へと変わっていきました。最初は鉄製だった指輪も、後に金で作られるようになりました。

指輪の形に込められている意味を知っていますか?指輪は永遠に途切れない円を表しているそうです。古代ローマ時代からロマンチックな意味が込められていたのです。

ダイヤモンドの指輪が使われるようになったのは15世紀ごろ。歴史上最初のダイヤモンドの婚約指輪はハクスブルク家とブルゴーニュ公国の娘マリアが結婚する時と言われています。天然の鉱石の中で最も硬く、綺麗に輝くダイヤモンドは永遠の愛を表すものとして婚約指輪に使われました。

結婚指輪はなぜ左手につけるのか?

古代ギリシャでは心臓から伸びる血管が左手の薬指につながると考えられていました。体の中で最も大切な心臓につながる左手の薬指が重要視されていました。

カトリックにおける別の説もご紹介します。11世紀ごろのローマカトリック教会で、左手は「服従と信頼」を、そして左の薬指は「愛情」を表す指とされていました。これらの考えから結婚指輪は左手の薬指につけられるようになりました。 

日本では結婚指輪を左手の薬指につけるのが一般的ですが、世界には右手に結婚指輪をつける国があります。例えば、ドイツ、オーストリア、ポーランド などは右手の薬指に結婚指輪をつけます。結婚指輪をどちらの手につけるのかという違いの背景には宗教が影響しています。キリスト教の中でもカトリックは左手薬指、プロテスタントは右手薬指に結婚指輪をつけます。

 

結婚指輪を購入する前に考えておくべきこと

結婚指輪についてパートナーと話す前に、次のことを考えておきましょう。

・いつまでに結婚指輪が欲しいか(必要か)

・どのような結婚指輪が欲しいか

いつまでに結婚指輪が欲しいのか

パートナーと二人で作る結婚指輪はいつまでに必要ですか?

結婚式の日、入籍のタイミングなど結婚指輪の納期はさまざまです。結婚指輪のブランドや作り方によっては数週間から数ヶ月かかる場合もあります。結婚指輪を準備しなければならないタイミングを明らかにしておきましょう。

どのような結婚指輪が欲しいのか

結婚指輪には値段以外にもさまざまな観点で選ぶことができます。

・指輪のデザイン

・指輪の素材

・指輪を使う場面のイメージ

これらの点から欲しい指輪のイメージを持ちましょう。ダイヤモンド、ルビー、サファイヤなど、どの宝石を取り付けたいか。プラチナ、ゴールド、シルバー、どの素材の指輪がよいか。普段使いできるものがいいか、特別な日につける指輪がいいか。事前に具体的に欲しい指輪を決めておくと、スムーズに結婚指輪を決めることができます。

結婚指輪を購入するステップ

「結婚指輪を購入したいけど何から始めたらよいかわからない」という方もいるのではないでしょうか。この章では結婚指輪を購入するための4つのステップをご紹介します。

①まずは欲しい結婚指輪のイメージを話しあおう

結婚指輪を購入する前に考えておくべきことで紹介した、納期、予算、指輪のイメージを二人ですり合わせましょう。事前にパートナーと話さずにいきなりお店に行くと、スムーズに指輪を決めることができません。納得のいく指輪を決めるために、欲しい結婚指輪をパートナーと話し合いましょう。

②結婚指輪の情報を集めて共有する

欲しい結婚指輪のイメージを話しあえたら、そのイメージにあう結婚指輪を探しましょう。

お店に行く前に事前に情報を集めることをおすすめします。

  • インターネット
  • 雑誌
  • SNS

これらの媒体で情報を集めパートナーと共有しておくと、結婚指輪選びが楽になります。

③お店で結婚指輪を比較検討する

事前に調べた情報を元に、実際にお店で結婚指輪を確認しましょう。インターネットで調べても実物を見てみると印象が異なる場合もあります。試しに指輪をはめてみて、着け心地、使用シーンのイメージにあうかなど確認しましょう。

結婚指輪の定番デザインとは

結婚指輪の定番デザインには以下があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

  • ストレート
  • ウェーブ
  • エタニティ

ストレート

ストレートは最もオーソドックスな形の指輪です。シンプルなデザインはどのようなシーンにもあい選びやすいです。

ウェーブ

ストレートとは違い、アームが曲線になっている指輪です。ウェーブの中にもS字、V字、U字などさまざまです。ウェーブの種類により与える印象も違いますので、自分のイメージぴったりな指輪を選びましょう。

エタニティ

リングのアームにダイヤモンドをはめた指輪をエタニティと言います。

全周にダイヤモンドがはめられているフルエタニティと半周にはめられているハーフエタニティがあります。エタニティという名前の通り、永遠の愛を誓うための指輪として近年人気のある指輪です。ストレートやウェーブのデザインとはまた違った印象を与えてくれます。

 

まとめ

一生に一度の結婚指輪を納得して購入するためのステップをご紹介しました。

結婚指輪を購入する際は事前に欲しい指輪のイメージを作りパートナーとしっかり話すことがとても大切です。

指輪選びはイシガミブライダルにご相談ください

 イシガミでは、選び抜かれたジュエリーブランドの中から、お客様にぴったりだと思っていただける婚約指輪や結婚指輪をご用意しています。初めて身につけた時のドキドキ、身につけるだけでハッピーな気分になるジュエリー、大切な人からの愛情たっぷりのプレゼント…一つ一つには、それぞれの素敵な物語が込められているかと思います。


それぞれに特別な思い出や背景を大切に、贈る方にも、受け取られる方にもお喜びいただき、輝く未来となるお手伝いができれば幸せです。
これまでの経験と実績を活かし、私たちはお客様のお好み、ご予算、ライフスタイルに合わせた最適なご提案をさせていただきます。

お気軽にご相談にいらしてくださいね。